17.10 - ALTER CONSTRAINT構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
constraint_name
変更する行レベル セキュリティ制約オブジェクトの名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
VALUES
後に続く文字列は、name:valueのペアのセットで、constraint_nameによって適用される分類システムを構成します。
name:valueペアを指定すると、constraint_nameの前の既存name:valueペアが削除されます。
name
constraint_nameで定義された分類システムのメンバーの名前です。次のいずれかである必要があります。
  • 階層レベルの名前
  • 非階層カテゴリ名
value
name:valueペアの対応する名前の値コード。
name:valueペアについての詳細は、CREATE CONSTRAINTを参照してください。
FUNCTION
このオプションは、constraint_nameの現在存在するUDFのリストを変更します。
ADD
新しいDELETE、INSERT、SELECT、またはUPDATE関数をconstraint_nameに追加する手順
制約オブジェクトの指定された文のタイプに対し、現時点でUDFが定義されていてはならず、指定されたUDFはSYSLIBデータベースに存在している必要があります。
REPLACE
constraint_nameの既存のDELETE、INSERT、SELECT、またはUPDATE関数を置き換える手順
新しいUDFは、その文のタイプの既存の関数を置き換え、SYSLIBデータベース内に存在している必要があります。
action
以下のうちの1つ。
  • DELETE

    追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、DELETE操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。

  • INSERT

    追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、INSERT操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。

  • SELECT

    追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、SELECT操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。

  • UPDATE

    追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、UPDATE操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。

SYSLIB.function_name
ADDまたはREPLACEリクエストの対象となる制約UDFの名前。
DROPオプションにSYSLIB.function_nameを指定することはできません。
function_nameを指定する場合、指定した関数が現時点でSYSLIBデータベースに存在している必要があります。
DROP
既存のDELETE、INSERT、SELECT、またはUPDATE関数をconstraint_nameから削除する手順。
DROPオプションに対して文のタイプのみを指定しますが、function_nameは指定しません。function_nameを指定すると、データベースは要求元にエラーを返します。
DROPオプションは、関連するUDFへの参照をconstraint_nameから削除するのみであり、実際のUDFには影響を与えません。