17.10 - COMPRESS - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

列内の固有値のセットに対する複数値圧縮(MVC)を使用します。揮発テーブルの列に対しても、COMPRESSを指定できます。デフォルトはnullのみ圧縮です。複数値圧縮とアルゴリズム圧縮は、どちらの順序で指定してもかまいません。複数値圧縮の詳細な説明については、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。
COMPRESS属性の詳細については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。

constant
指定された定数値とnullが圧縮されます。列がNOT NULLとして定義されている場合、nullと定数は圧縮できません。データでCOMPRESSを使用すると、圧縮値が割り当てられる行の割合に応じて領域を節約できます。複数値圧縮は、すべての数値型、BYTE、VARBYTE、DATE、CHARACTER、VARCHAR、GRAPHIC、VARGRAPHIC、TIME、TIME WITH TIME ZONE、TIMESTAMP、またはTIMESTAMP WITH TIME ZONEデータ型に指定できます。この値の制限については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。
NULL
NULLは列に対して圧縮されます。 次のルールが適用されます。
  • 列がNOT NULLとして定義されている場合、NULLを指定できません。
  • LOBに基づくUDTのNULLは圧縮できません。
  • 1つの列につきNULLは1度しか指定できません。