17.10 - END QUERY LOGGING構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

account_specification

ALL
指定されたアカウントに対するすべてのロギング ルールがDBC.DBQLRulesTblおよびルール キャッシュから削除され、これらのルールに基づくロギングが停止します。
user_name_1
指定のuser:accountペアに対するロギング ルールをDBC.DBQLRulesTblとルール キャッシュから削除します。これらに該当するルールに基づくロギングは中断されます。必要に応じて、ユーザーに対するロギングを中断する複数のアカウントを指定できます。
特定のuser:accountペアに対する問合わせロギングが有効な場合、問合わせロギングを終了するには、そのuser:accountペアを指定する必要があります。
ACCOUNT = 'account_string'を指定すると、複数のユーザー名が指定できなくなります。
user_name_2
指定のユーザー名セットに対するロギング ルールをDBC.DBQLRulesTblとルール キャッシュから削除します。これらに該当するルールに基づくロギングは、中断されます。
database_name
指定されたデータベース名のセットに対するロギング ルールをDBC.DBQLRulesTblとルール キャッシュから削除します。これに該当するルールに基づくロギングは、中断されます。

application_specification

application_name
指定されたアプリケーション名のセットに対するロギング ルールをDBC.DBQLRulesTblとルール キャッシュから削除します。これに該当するルールに基づくロギングは、中断されます。
Vantageは、すべてのアクティブなセッションを再評価して、他に適用するルールがあるかどうかを判断します。