17.10 - 例: WRITE_NOSの関数マッピング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
以下の文では、許可MyObjAuthを使用してWRITE_NOSテーブル演算子の関数マッピングNOS_Writerを作成します。
WRITE_NOSの関数マッピングを作成するには、WRITE_NOSに対するEXECUTE FUNCTION権限が必要です。
WRITE_NOSテーブル演算子については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

MyObjAuthという許可オブジェクトを作成します。

CREATE AUTHORIZATION MyObjAuth
 AS DEFINER TRUSTED
     USER 'YOUR-ACCESS-KEY-ID'
     PASSWORD 'YOUR-SECRET-ACCESS-KEY';

WRITE_NOSの関数マッピングを作成します。

CREATE FUNCTION MAPPING NOS_Writer
FOR WRITE_NOS
EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED MyObjAuth
USING
LOCATION,
STOREDAS,
NAMING,
MANIFESTFILE,
MANIFESTONLY,
OVERWRITE,
INCLUDE_ORDERING,
INCLUDE_HASHBY,
MAXOBJECTSIZE,
COMPRESSION,
ANY IN TABLE;