17.10 - DROP USERの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: ユーザーの削除、DBQLの場合

次のDBQLルールが設定されているとします。

  • ルール1: すべてのユーザー、すべてのアカウント文字列、デフォルトのロギングのみ。
  • ルール2: アカウント文字列'finance'を持つすべてのユーザー、オブジェクト ロギング。
  • ルール3: user_1、アカウント文字列'marketing'、ステップ ロギング。
  • ルール4: user_1、アカウント文字列'HR'、デフォルト ロギングのみ。

user_1を削除する必要があります。削除する前に、最初にuser1の問合わせロギングを明示的に停止して、ルール3と4を削除する必要があります。

そのためには、次のリクエストを指定された順序で実行します。

     END QUERY LOGGING ON user_1 ACCOUNT = ('marketing','HR');
     DROP USER user_1;

例: ユーザーの削除

このリクエストは、ユーザーJonesを削除します。

     DROP USER Jones;