17.10 - condition_handler - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

条件ハンドラに対してこれらのオプションを指定できます。

CONTINUE
EXIT
要求されている条件ハンドラの型。
詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>および<Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。
SQLSTATE
例外または終了条件が処理されるsqlstate値の前に指定するキーワード。
各ハンドラ宣言のカンマ区切りリストの中で、sqlstateの値をSQLSTATEまたはSQLSTATE VALUEという形式でいくつでも指定できます。
VALUE
sqlstate値の前に指定する任意指定のキーワード。
sqlstate_code
SQL文の完了条件を示す5文字の文字列値。この値は常にAPOSTROPHE文字で区切られます。
1つのsqlstate値を複数のDECLARE HANDLER文の一部とすることはできず、FOR句の中で繰り返すこともできません。
SQLEXCEPTION
汎用条件のキーワード識別子。
これらのキーワードは、それぞれ別個に指定したり組み合わせて指定したりできますが、いずれかのキーワードを1つのDECLARE HANDLER文の中で繰り返すことはできません。
SQLEXCEPTIONは、汎用例外条件を示します。
SQLWARNING
SQLWARNINGは、汎用完了条件を示します。
NOT FOUND
NOT FOUNDは、データが見つからなかった場合の汎用完了条件を示します。
condition_name
condition_nameは、プロシージャ定義でSIGNALまたはRESIGNAL文に条件名を指定するときに動作するハンドラの条件の指定に使用できる名前です。
handler_action_statement
ハンドラ アクションを実行する単一文または複合文。
単一の文は、以下のいずれかになります。
  • SQLプロシージャによってサポートされる任意の標準的なSQL文。これには、SQLプロシージャによってサポートされる動的SQLが含まれます。
  • 任意のSQL制御文。
以下は、handler_action_statement用の単一の文としては無効です。
  • ローカル変数
  • カーソル
  • ハンドラ宣言