17.10 - code_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
F
FUNCTIONオブジェクト。後続の文字列はCまたはC++プロシージャ オブジェクトのエントリ ポイント名です。
F!function_entry_point_name
delimiter
区切り文字(!など)を指定します。文字列の指定の全体で、同じ区切り記号を使用しなければなりません。
function_entry_name
サーバー上のファイルに名前を付けます。インクルード ファイルには、Cソース内のinclude文で指定された名前と同じ名前(拡張子なし)が付いている必要があります。
D
外部プロシージャに対し記号デバッグを有効にします。これによりソース コードが表示され、変数が名前で表示されます。このオプションを指定しない場合、外部プロシージャはマシン命令レベルでのみデバッグ可能です。外部プロシージャがテスト中の場合は、デバッグのために常にこのオプションを指定する必要があります。このオプションは、-gをCコンパイラのコマンド ラインに追加します。SET SESSION DEBUG FUNCTIONおよび<Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。
DオプションはCおよびC++コードにのみ適用され、Java UDFには適用されません。
デバッグ済みの外部プロシージャを実働システムにインストールする際は、外部プロシージャ ライブラリのサイズが大きくなるため、このオプションを使用しないでください。
S
外部プロシージャのソース コードまたはオブジェクト コードは、サーバーに格納されます。
C
外部プロシージャのソース コードまたはオブジェクト コードは、クライアントに格納されます。

path_specification

ソース、インクルード ファイル、オブジェクト、またはライブラリの格納場所(パス)と名前。パッケージおよびライブラリをプリインストールする必要があるため、サーバー オプション(S)を使用する必要があります。パス指定では、関数がUnixプラットフォームまたはWindowsプラットフォームのいずれで作成されているかに関係なく、前方スラッシュ(/)または円記号(\)を使用できます。

I
インクルード ファイル(.h)。
I!name_on_server!include_name
L
UDFで必要な非標準のライブラリ ファイルのライブラリ名。
L!library_name
O
オブジェクト ファイル。
O!name_on_server!object_name
P
パッケージ名。このパッケージ オプションは、FのC関数名オプションを除き、他のすべてのオプションとは併用できません。
P!package_name
S
ソース ファイル。
S!name_on_server!source_name
NS
ソース ファイルなし。ソース ファイルおよびインクルード ファイルは、関数テーブルに格納されません。このオプションは、新しい関数の作成でソース コードを処理する方法、および外部文字列リテラルに指定されたすべてのソース コードに適用する方法に影響を与えます。
NS!source_file!include_file