17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザー、データベース、またはプロファイルのデフォルト マップ

テーブルの直接所有者となれるのは、ユーザーまたはデータベースです。CREATE USER DEFAULT MAPオプション、MODIFY USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、MODIFY DATABASE DEFAULT MAPオプション、CREATE PROFILE DEFAULT MAPオプション、またはMODIFY PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

ユーザー、データベース、またはプロファイルのDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプション

指定したマップが何らかの理由で有効でない場合(存在しない、マップが付与されていない、または同じセキュア ゾーンにないなど)、Vantageはデフォルト マップを置き換えるか、またはPROFILE、USER、またはDATABASEのDEFAULT MAP設定の値次第でエラーを返します。

CREATE TABLE文のデフォルト マップ

テーブルの作成時にMAPオプションを指定しない場合、システムがテーブルのデフォルト マップを次の優先順位で決定します。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。

CREATE TABLE AS文のデフォルト マップ

CREATE TABLE ASsource_table文には、このマップが付与されている場合、またはマップが次の優先順位の順にリストされている場合、ソース テーブルのマップがデフォルト マップとして使用されます。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。
CREATE TABLE ASquery文には、クエリーが0、1、2、またはそれ以上のテーブルを参照しているかどうかに関係なく、システムは次の優先順位でテーブルのデフォルトのマップを決定します。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。

AMPとスパース マップ

スパース マップでは、スパース マップに定義されているAMP数とテーブルのコロケーション名に基づいて、テーブルが存在する親となる連続マップのAMPが決定されます。 CREATE MAPを参照してください。

テーブルとコロケーション名の名前変更

テーブルの名前を変更しても、テーブルのコロケーション名は変わりません。

エラー テーブルとスパース マップ

エラー テーブルは、データ テーブルに関連付けられた同じスパース マップと、同じコロケーション名を使用します。

グローバル一時テーブルおよび揮発テーブルのマップ

グローバル一時テーブルや揮発テーブルに対し、既存の連続マップまたはスパース マップを指定できます。

DBCの揮発テーブルは常にTD_DataDictionaryMapにあります。

永久ジャーナルとマップ

テーブルに対して永久ジャーナルが有効になっている場合、テーブルのマップは連続マップである必要があり、マップはテーブルのジャーナル テーブルの連続マップと同じである必要があります。ジャーナル テーブルには、連続マップが必要です。