17.10 - CREATE MACROおよびREPLACE MACRO構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name
macro_nameの格納先データベースの名前(現在のデータベース以外の場合)。
macro_name
新しいマクロの名前。完全修飾名を指定しなければ、デフォルトのデータベースまたはユーザーが使用されます。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
マクロ名は、格納先データベース内で固有でなければなりません。
using_modifier
1つ以上の変数パラメータ名。リクエストの処理時に、各パラメータ名が1つの値に置き換えられます。<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>の、USINGリクエスト修飾子に関する情報も参照してください。これは、オプションの句です。
BTEQを使ってマクロにアクセスしている場合、USINGはマクロで動作しません。BTEQの実行時に、USINGをEXECUTEリクエスト内に指定します。
マクロにUSINGを含めるには、特別なプログラミングが必要な場合があります。Teradataのフィールド サポート技術員またはTeradataのサポート センターに問合わせてください。
locking modifier
データベース、テーブル、ビュー、または行ハッシュに対するロック。
指定されたロックは、リクエストへの応答として設定されるロックのデフォルトの使用法を変更します。
<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>の、LOCKINGリクエスト修飾子に関する情報も参照してください。
SQL_statement
SQLリクエストを指定します。マクロのどのリクエストも、セミコロン文字で終了する必要があります。
マクロ本体で参照されるパラメータ名の前には、COLON(:))文字を付ける必要があります。マクロの中に別のマクロを実行するEXECUTEリクエストを含めることもできます。
行レベル セキュリティの管理のSQL DCL文とDDL文はマクロで許可されていません。
parameter_name
マクロの実行中に値で置き換えられるパラメータの名前。UDT列とTOP n演算子は有効なパラメータです。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
パラメータは、データ値に制限されます。データベース オブジェクト名をパラメータ化することはできません。
マクロ本体で参照される時には、パラメータ名の前にコロン(:)文字を付ける必要があります。
type_declaration
パラメータのデータ定義またはデフォルトの定義。
デフォルト値を割り当てない場合は、EXECUTE時にパラメータの値を指定する必要があります。
UDTは有効なデータ型です。
CHARACTER、VARCHAR、LONGVARCHAR、GRAPHIC、VARGRAPHIC、またはCLOBデータにKANJI1の文字サーバー データ セットを指定することはできません。作成しようとすると、Vantageはリクエストをアボートして要求元にエラーを返します。
データ型のリストについては、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。
type_attribute
NOT NULL、UPPERCASE、TITLEなどのデータ型属性。
マクロ パラメータでは次の列属性は無効です。
  • CHECK制約
  • COMPRESS句
データ型属性のリストについては、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。