使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

ユーザー、データベース、またはプロファイルのデフォルト マップ

ハッシュ インデックスの直接所有者となれるのは、ユーザーまたはデータベースです。CREATE USER DEFAULT MAPオプション、MODIFY USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、MODIFY DATABASE DEFAULT MAPオプション、CREATE PROFILE DEFAULT MAPオプション、またはMODIFY PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

ユーザー、データベース、またはプロファイルのDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプション

指定したマップが何らかの理由で有効でない場合(存在しない、マップが付与されていない、または同じセキュア ゾーンにないなど)、Vantageはデフォルト マップを置き換えるか、またはPROFILE、USER、またはDATABASEのDEFAULT MAP設定の値次第でエラーを返します。

CREATE HASH INDEX文のデフォルトのマップ

ハッシュ インデックスを作成するときにMAPオプションを指定しない場合、システムによりハッシュ インデックスのデフォルト マップが次の優先順位で決定されます。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。