17.10 - joined_table - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

結合テーブルの定義内での結合テーブルの構文の再帰的使用。結合テーブル句は、複数テーブルの結合インデックスにのみ使用し、列パーティション結合インデックスの定義には指定できません。

INNER JOIN
通常の結合として結合を定義するキーワード。
LEFT OUTER JOIN
RIGHT OUTER JOIN
結合を左外部結合または右外部結合として定義するキーワード。完全外部結合は、結合インデックスではサポートされません。ほとんどの非集約アプリケーションでは、結合インデックスの定義に外部結合を選択することを推奨します。外部結合は、定義に集約演算子も含まれた結合インデックスに対して指定することはできません。外部結合を指定する場合、次のルールが適用されます。
  • 条件ごとの外部テーブル結合列は、固定column_nameリストまたは反復column_nameリストのいずれかに含まれている必要があります(行圧縮を使用する場合)。
  • 各結合条件の内部テーブルには、固定column_nameリストまたは反復column_nameリストのいずれかに、null不可の列が少なくとも1つ含まれている必要があります(行圧縮を使用する場合)。
  • 選択リストは、外部結合の内部テーブルの列セットに定義されているCASEまたはCOALESCE列式を指定できません。
search_condition
TRUEとして評価されない問合わせからすべての行を削除するための条件式。
UDT列または以下を除く少なくとも1つの列を参照する式に基づいた式を作成できます。
  • 集約関数またはOLAP関数を含む式
  • UDF式
  • DEFAULT、PARTITIONなどの明示的に禁止されているビルトイン関数またはキーワード。DEFAULT組み込み関数の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145>を参照してください。PARTITIONキーワードの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。
すべての式には別名を指定する必要があります。指定しない場合、Vantageはリクエスト元にエラーを返します。
AND論理演算子を使用して、複数の結合条件を接続する必要があります。
外部テーブルの列と外部結合の内部テーブルは等価結合でなければなりません。これにより、結合されたテーブル間の非等価条件や結合されたいずれかのテーブルに対する単一テーブル条件など、他のすべての条件を指定できます。
結合条件に使用される列のデータ型は、同じドメインのものであることが必要です。これは、明示的なものにせよ暗黙的なものにせよ、データ型の変換は許可されていないからです。
結合操作の検索条件でROWIDキーワードを指定することはできません。
table_name
この句でテーブルが結合されていない場合は、単一テーブルの名前。
correlation_name
table_nameの別名。correlation_nameの前のキーワードASは任意指定です。