17.10 - iteration_statement - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

WHILE、LOOP、FOR、またはREPEAT文。

詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。

繰り返し文に対してこれらのオプションを指定することができます。

WHILE
定義された範囲内の1つ以上の文の実行を繰り返すための、繰り返し文の前に指定するキーワード。
関連する条件は各反復ごと(初回も含む)に検証され、真の場合に文が実行されます。真でない場合、WHILE文が完了し、その後の反復は行なわれません。
詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。
DO
WHILE文の中で実行される文のシーケンスの前に指定するキーワード。
END WHILE
WHILE文の中の文のシーケンスの末尾を示すキーワード。
LOOP
定義されるループの中に埋め込まれている1つ以上の文の実行を繰り返すための、繰り返し文の前に指定するキーワード。
END LOOP
LOOPを終了するキーワード。
FOR
カーソルによって取り出される行ごとに1つ以上の文の実行を繰り返すための、繰り返し文の前に指定するキーワード。
for_loop_variable
FORループの名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
cursor_name
カーソルの名前。
データベース オブジェクト名の最大長は、LATIN文字で30文字、UNICODE文字で128文字です。オブジェクト名の長さ制限の詳細について、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>参照してください。
CURSOR FOR
後に続く文セットのカーソルとしてcursor_nameを修飾する任意指定のキーワード。
cursor_specification
CORSOR文の中でデータ行の取り出し元となる、列名または式を指定するSELECT文。
DO
CURSOR文の中で実行される文のシーケンスの前に指定するキーワード。
END FOR
CURSOR文を終了するキーワード。
REPEAT
定義するREPEAT文の中の1つ以上の文の実行を繰り返す繰り返し文の前に指定するキーワード。
UNTIL
ループ内の文を修飾する条件式の前に指定するキーワード。
END REPEAT
REPEAT文を終了するキーワード。