17.10 - explicit_join - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

シード文のFROM句の結合テーブルオプションを使用すると、下記のとおり複数のテーブルを明示的に結合することを指定できます。

query_name
FROM句で参照する名前付き問合わせ。
join_table_name
結合テーブルの名前。
INNER JOIN
一方のテーブルの修飾行が、結合条件に従って、別のテーブルの修飾行と結合される結合。
内部結合はデフォルト値の結合タイプです。
LEFT OUTER
FROM句に最初にリストされたテーブルとの外部結合。
LEFT OUTER JOINでは、左側のテーブル内の、2つのテーブルの内部結合の結果に返されない行が、nullで拡張されて外部結合の結果に返されます。
RIGHT OUTER
FROM句に2番目にリストされたテーブルとの外部結合。
RIGHT OUTER JOINでは、右側のテーブル内の、2つのテーブルの内部結合の結果に返されない行が、nullで拡張されて外部結合の結果に返されます。
JOIN
後に続く結合の対象となる2番目のテーブルの名前を指定します。
joined_table
結合テーブルの名前。
ON search_condition
結果の行が満たす必要がある1つまたは複数の条件式。
検索条件の行レベル セキュリティ制約に指定する値は、エンコード形式にする必要があります。
FROM句に外部結合を指定する場合には、ON条件句は必須です。