17.10 - Unicodeビューと互換性維持ビューで異なるHELP COLUMNのレポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

Unicodeビューを使用したHELP COLUMN文の結果は、同じ列に対して互換性維持ビューを使用した場合の結果と異なります。詳細については、<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125>を参照してください。

互換性維持ビューから得られるオブジェクト名は、最初の30文字に限られます。Teradataでは、Unicodeビューの使用を強く推奨しています。推奨されない互換性維持ビューのリストについては、<Teradata Vantage™ - データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。

この例では、HELP COLUMNは、Unicode TablesVビューから得られるtablename列の情報を返します。

     HELP COLUMN dbc.tablesv.tablename;
      *** Help information returned. One row.
Column Name TableName
                     Type CV
                 Nullable N
                   Format X(128)
               Max Length           256
     Decimal Total Digits ?
Decimal Fractional Digits ?
                Range Low                        ?
               Range High                        ?
                UpperCase N
              Table/View? V
                 Indexed? Y
                  Unique? N
                 Primary? S
                    Title ?
        Column Constraint ?
                Char Type  2
              IdCol Type ? ?
                UDT Name ? ?

次のHELP COLUMNリクエストでは、DBC.TablesVビューの代わりに、DBC.Tablesビューを使用しています。

     HELP COLUMN dbc.tables.tablename;
*** Help information returned. One row.
*************Column Name TableName
                     Type CF
                 Nullable Y
                   Format X(30)
               Max Length            30
     Decimal Total Digits ?
Decimal Fractional Digits ?
                Range Low                        ?
               Range High                        ?
                UpperCase N
              Table/View? V
                 Indexed? N
                  Unique? ?
                 Primary? ?
                    Title ?
        Column Constraint ?
                Char Type  1
              IdCol Type ? ?
                UDT Name ? ?

この結果と、DBC.TablesVビューを使用した結果の相違点は、太字で強調表示されています。Type、Format、Max Length、およびChar Typeが異なっています。これは、互換性維持ビューは、Kanji1またはLatinのサーバー文字セットで、オブジェクト名を30文字に固定された名前に変換するためです。

テキスト文字列についての動作も同様になります。例えば、Columns互換性維持ビューとColumnsV UnicodeビューのColumnTitle列は、Type、Format、Max Length、およびChar Typeに対して異なる値を返します。