17.10 - index - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
MAP
既存の連続マップまたはスパース マップをハッシュ インデックスに指定できます。
スパース マップの場合は、コロケーション名を指定できます。ハッシュ インデックスには基本テーブルとは異なるマップまたはコロケーション名を指定できます。
map_name
既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
colocation_name
他のテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスと同じAMPでハッシュ インデックスを同じ場所に配置するための名前。例えば、2つのテーブルを併置してから、プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列のテーブルを結合することができます。
このオプションは、スパース マップに対してのみ指定できます。連続したマップの場合、colocation_nameはコロケーションには不要でありNULLに設定されます。
コロケーション名を指定しない場合、名前はdatabase_indexのデフォルト名となり、ここでdatabaseはデータベースまたはユーザの名前で下線(_)が続き、indexはハッシュ インデックスの名前です。databaseが63文字を超える場合、databaseは63文字に切り捨てられます。indexが64文字を超える場合、indexは64文字に切り捨てられます。
NO
ハッシュ インデックスはフォールバック保護を使用しません。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
ハッシュ インデックスでフォールバック保護を使用しない場合、AMP障害時に次のイベントは実行できなくなります。
  • ハッシュ インデックスに対する問合わせの処理
  • ハッシュ インデックスが定義されているテーブルの更新
FALLBACK
ハッシュ インデックスはフォールバック保護を使用します。
デフォルトは、ハッシュ インデックスが定義されているデータベースのフォールバック指定を使用します。
ハードウェア読み取りエラーが発生した場合は、ファイル システムがデータのフォールバック コピーを読み取り、ホームAMPのメモリの行を再構成します。フォールバックからの読み取りに対するサポートは、次の場合に制限されます。
  • 不良データ ブロックのデータへの修正を試行しないリクエスト。
  • プライマリ サブテーブル データ ブロック。
  • 基本データの代わりのフォールバック データの読み取り。場合により、アクティブ フォールバックは基本データの損傷を動的に修復できます。不良データ ブロックを修復できない状況では、読み取りエラーが発生するたびに、「フォールバックからの読み取り」機能により、破壊された行のエラーフリーのフォールバックコピーに置き換わります。
PROTECTION

オプション キーワード。

CHECKSUM
テーブル固有のディスクI/O整合性CHECKSUMレベル。CHECKSUM設定は、ハッシュ インデックスの基本行とフォールバック データ行とに適用されます。
値を指定しない場合、システムはシステム全体のデフォルト値をこのテーブル型に想定します。その結果は、DEFAULTを指定した場合と同じになります。このテーブルのCHECKSUMをシステム全体のデフォルト値に変更する場合、DEFAULTを指定してください。
ON
ディスク ブロック全体を使用してチェックサムを計算します。チェックサムを生成するディスク ブロックのサンプル100%。
DEFAULT
デフォルト設定は、このテーブル型に指定されている現在のDBS制御のチェックサム設定です。
OFF
CHECKSUMディスクI/O整合性チェックを無効にします。
BLOCKCOMPRESSION
ハッシュ インデックス内のデータが格納先のシリンダの温度に基づいてブロック圧縮されるようにするかどうかを指定します。
block_compression_optionには、次の設定を指定できます。
AUTOTEMP
ハッシュ インデックスのデータの圧縮状態は、温度に基づいてVantage側でいつでも変更可能です。
依然としてクエリー バンド オプションまたはFerretコマンドを実行できますが、データの圧縮状態が使用頻度と一致しない場合、一定期間中、そのような変更がシステムによって取り消される可能性があります。
DEFAULT
ハッシュ インデックスは、DBS制御パラメータDefaultTableModeに設定された圧縮オプション(MANUAL、AUTOTEMPまたはNEVER)を使用します。詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。DefaultTableModeの値は、CREATE HASH INDEXリクエストの一部としてハッシュ インデックス定義に保存されていはいません。そのため、DEFAULTに設定されているハッシュ インデックスは、将来DefaultTableModeパラメータに変更が加えられることがあれば、その影響を受けます。
MANUAL
ハッシュ インデックスが作成された時点でのハッシュ インデックスのデフォルトに基づいて、ブロック レベル圧縮が適用されます。ハッシュ インデックスの圧縮または圧縮解除は、ロード後の任意の時点で、Ferret COMPRESSコマンドとUNCOMPRESSコマンドを使用することで可能になります。既存のハッシュ インデックスに挿入されたデータは、データが挿入された時点で、ハッシュ インデックスの現行の圧縮ステータスを継承します。
NEVER
DBS制御のブロック圧縮設定が圧縮する設定であっても、ハッシュ インデックスは圧縮されません。Vantageは、ハッシュ インデックスを手動で圧縮するFerretコマンドを拒否します。ただし、インデックスを圧縮解除するFerretコマンドは有効です。