17.10 - logging_frequency - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

イベントをロギングする頻度。

ログ登録項は、最初、最後、最初と最後、または指定された動作が指定されたオブジェクトに対して試みられるたびに作成されます。

あるオブジェクトに対するある動作のロギングがすでに開始されている場合、次に同じオブジェクト、動作、ユーザー、およびDENIALSの指定に対してロギングを開始するリクエストがあると、ロギングの現在の頻度だけが新しいリクエストの指定に従って変更されます。

FIRST
ログ エントリは、任意のセッションにおいて、指定したオブジェクトに対して指定されたアクションが最初に実行されるときに作成されます。
デフォルト値はFIRSTです。
LAST
ログ エントリは、任意のセッションにおいて、指定したオブジェクトに対して指定されたアクションが最後に実行されるときに作成されます。
FIRST AND LAST
ログ エントリは、任意のセッションにおいて、指定したオブジェクトに指定されたアクションが最初と最後に実行されるときに作成されます。
ロギングの頻度の唯一の有効な組み合わせは、FIRST AND LASTです。
EACH
ログ エントリは、任意のセッションにおいて、指定したオブジェクトに対して指定されたアクションが実行されるたびに作成されます。
行レベル セキュリティの適用の監査に対する有効なオプションは、FIRSTとEACHのみです。