17.10 - 照合オプションの使用法 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

COLLATIONオプションは、ORDER BY句またはWITH ... BY句のあるSELECT問合わせへの応答でデータをソートする場合と、比較操作の場合のデータ文字の順序付けを決定する照合順序の名前を定義します。

どのセッションでも、SET SESSION COLLATION文を使用して、COLLATION属性を上書きできます。 SET SESSION COLLATIONを参照してください。

以下のテーブルは、Vantageによってサポートされる照合順序を定義します。

キーワード 定義
ASCII HOST

IBMメインフレーム接続ホスト以外の構成では、照合はASCIIになります。

この場合、ASCIIはASCII規格へのTeradata拡張機能を参照します。

CHARSET_COLL HOST。

照合はBINARYになります(現在のクライアント文字セットの順序)。

文字列は文字ごとに比較され、必要に応じて適切な文字データ型の埋め込み文字を使用して埋め込まれます。

CASE SPECIFICでない場合は、小文字がそれぞれの大文字に対応付けられます。

EBCDIC HOST。

IBMメインフレーム接続ホストでは、照合はEBCDICになります。

HOST ログオン クライアント システムによって使用される照合順序。

これは、デフォルトです。

JIS_COLL 日本工業規格(JIS)。

照合は以下のとおりです。

JIS X 0201規格の文字と記号(JIS X 0201の順序)

JIS X 0208規格の表意文字と文字と記号(JIS X 0208の順序)

JIS 0212規格の表意文字と文字と記号(JIS X 0212の順序)

JIS X 0208とJIS X 0212に存在しないIBM Kanji表意文字(KanjiEBCDICの順序)

ユーザー定義の表意文字(U+の順序)

Unicode形式のその他の残りの文字(U+の順序)

KANJISJIS、GRAPHIC、およびLATIN文字タイプの処理は、データが最初にUnicodeに変換される場合と同じであり、続いて適切なJIS_COLL順序付けが適用されます。

MULTINATIONAL ヨーロッパ言語または日本語ソート順序の1つ。