17.10 - row_level_security_constraint_column_name CONSTRAINT - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

table_nameの行レベル セキュリティ制約列として定義する制約オブジェクトの名前。 この制約オブジェクトは、データベースに存在する必要があります。 CREATE CONSTRAINTを参照してください。

指定する各行レベル セキュリティ制約の名前は、テーブルの列名の間で固有にする必要があります。

グローバル一時テーブルまたは揮発テーブルに対して行レベル セキュリティ制約列を作成することはできません。

セキュリティ制約オブジェクトの定義には、名前、データ型、および作成時のNULL可能性の指定が含まれます。テーブルの作成時にセキュリティ制約列には、いかなる追加の属性も割り当てることはできません。

行レベル セキュリティ制約列を、複数値圧縮またはアルゴリズム圧縮を使用して圧縮することはできません。ただし、列パーティションを持つ行レベル セキュリティ テーブルに自動圧縮またはブロック レベル圧縮を使用することに関する制限はありません。

1つのテーブルに対して最大で5個の行レベル セキュリティ制約列を定義できます。

セキュリティ制約列を定義するテーブルに参照整合性(RI)を使用する場合、親または子のRIテーブルの参照整合性をチェックする際に、システムはセキュリティ制約を認識しません。そのようなRIテーブルにアクセスするリクエストを実行すると、テーブルに行レベル セキュリティ制約がないかのように処理が続行されます。