HELP TYPE構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage
SYSUDTLIB
UDT_nameを含むデータベースの名前。常に、SYSUDTLIBになります。
UDT_name
ヘルプ レポートが要求されるUDTまたはARRAY/VARRAY型の名前。
ATTRIBUTE
指定したUDTまたはARRAY/VARRAY型の構成は、要求されているヘルプ情報です。
  • UDTがDISTINCT型である場合、Vantageは事前定義ソース データ型を記述する1行を返します。
  • UDTがSTRUCTURED型である場合、VantageはUDTの属性ごとに1行を返します。
  • ARRAY型またはVARRAY型を指定すると、VantageはARRAYまたはVARRAYのエレメント タイプを記述する1行を返します。
METHOD
UDT_typeに関連付けられたメソッドのレポートが要求されています。UDTに関連付けられたメソッドごとに1行が返されます。システム生成のオブザーバー メソッドとミュテーター メソッドについても1行ずつ返されます。