17.10 - SET SESSION CONSTRAINT構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
CONSTRAINT
1つまたは複数のセキュリティ制約値 (レベルおよびカテゴリ)がセッションに対して変更されています。
row_level_security_constraint_name
既存の制約の名前。
指定されるconstraint_nameは現在ユーザーに割り当てられている必要があります。
最大6つの階層制約と2つの非階層制約をSET SESSION CONSTRAINT文ごとに指定することができます。
level_name
階層レベルの名前、デフォルト レベルを置換するconstraint_nameに対して有効。
指定されているlevel_nameは、現在ユーザーに割り当てられている必要があります。割り当てられていない場合、Vantageは要求元にエラーを返します。
category_name
constraint_nameに有効な1つ以上の既存の非階層カテゴリ名のセット。
ユーザーに割り当てられているすべての割り当て済みカテゴリ(非階層)制約値が自動的にアクティブであるため、SET CONSTRAINTは制約の割り当て済みカテゴリのサブセットを指定する場合にのみ有用です。
例えば、ユーザーBOBに3つの国コードがあり、自分の国に関するデータを表示する権限のみ持っているユーザーCARLに利用可能にするデータを含むテーブルをロードするとします。ユーザーBOBがSET SESSION CONSTRAINTを使用して、データのロード時にユーザーCARLの国コードのみ指定すれば、Carlはそのデータに後でアクセスすることができます。
NULL
NULLを指定してからテーブルを更新すると、その後はOVERRIDE権限を保有するユーザのみが影響を受けるテーブルの行にアクセスできます。