17.10 - ALTER FOREIGN TABLE構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
table_option
CREATE FOREIGN TABLEで許可されている任意のテーブル オプション(table_optionを参照)。
database_name
外部テーブルを含むデータベースの名前。
デフォルト: 現在のデータベース
user_name
外部テーブルを所有するユーザーの名前。
デフォルト: 現在のユーザー
table_name
変更する既存の外部テーブルの名前。
normalize_option
構文については、ALTER TABLE構文(基本)normalizeを参照してください。構文要素の説明については、NORMALIZEを参照してください。
period_specification
構文については、ALTER TABLE構文(基本)add_optionを参照してください。構文要素の説明については、ADD PERIOD FORを参照してください。
column
変更するtable_name列の名前。
column_2
column以外のtable_name列の名前。ADD column_nameのINTO column_nameを参照してください。
new_name
columnの新しい名前。
data_type_declaration
構文については、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE構文data_typeを参照してください。構文要素の説明については、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE構文要素を参照してください。
data_type_attributes
構文については、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE構文data_type_attributesを参照してください。構文要素の説明については、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE構文要素を参照してください。
location_column
<location_column>を参照してください。
path_pattern
<PATHPATTERN>を参照してください。
MANIFEST
location_columnがマニフェスト ファイルを指すかどうかを指定します。'FALSE’ を指定すると、location_columnはキー接頭辞を指します。キー接頭辞には、完全パスとファイル名を含める必要があります。
デフォルト: 'false'
row_format
<ROWFORMAT>を参照してください。
STOREDAS ('PARQUET')でROWFORMATを指定することはできません。
STOREDAS
<STOREDAS>を参照してください。
デフォルト: 'TEXTFILE'
STRIP_EXTERIOR_SPACES
[オプション]外部(先頭と末尾)のスペースを削除するかどうかを指定します。
STRIP_EXTERIOR_SPACESは、次のいずれの場合も許可されていません:
  • データ型DATASET CSVまたはJSONで定義されたペイロード
  • STOREDAS ('PARQUET')
  • PARTITION BY COLUMN
デフォルト: 'false'
STRIP_ENCLOSING_CHAR
[オプション]外部のスペースがない場合にスキップするには、'NONE’ または囲み文字のいずれかを指定します。enclosing_characterは二重引用符(")である必要があります。
STRIP_ENCLOSING_CHARは、次のいずれの場合も許可されていません:
  • データ型DATASET CSVまたはJSONで定義されたペイロード
  • STOREDAS ('PARQUET')
  • PARTITION BY COLUMN
デフォルト: 'NONE'
constraint_name
columnに追加する制約の名前。
column_constraint
<column_constraint_attribute>を参照してください。