17.10 - item_list - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

メソッドの作成に必要なソース コンポーネントとオブジェクト コンポーネントを指定する文字列。

シーケンス内の最初のコードに応じて、この文字列では、メソッドのC/C++オブジェクト名、エンコード名、またはメソッドの作成に必要なコンポーネントのパスを指定します。

以下のリストに、外部メソッドのパス指定を簡単に示します。文字¡は、任意のユーザー定義の区切り記号を表わします。

文字列の指定の全体で、同じ区切り記号を使用しなければなりません。

外部文字列リテラルとして以下のファイル型を指定できます。
  • メソッド オブジェクト
  • インクルード
  • ライブラリ
  • オブジェクト
  • パッケージ
  • ソース

これらのファイル型の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>を参照してください。

F
後続の文字列は、CまたはC++メソッド オブジェクトのエントリ ポイント名です。
D
UDMに対し記号デバッグを有効にします。これによりソース コードが表示され、変数が名前で表示されます。このオプションを指定しない場合、UDMはマシン命令レベルでのみデバッグ可能です。UDMがテスト中の場合は、デバッグのために常にこのオプションを指定する必要があります。このオプションは、-gをCコンパイラのコマンド ラインに追加します。SET SESSION DEBUG FUNCTION、および<Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>のUDFに対するC/C++コマンド ライン デバッグに関する情報を参照してください。
DオプションはCおよびC++コードにのみ適用されます。
実働システムにデバッグされたUDMをインストールする際は、UDMライブラリのサイズが大きくなるため、このオプションを使用しないでください。
S
ソース コードまたはオブジェクト コードはサーバーに保存され、後続の文字列はそのコードのパスを示しています。
C
ソース コードまたはオブジェクト コードはクライアントに保存され、後続の文字列はそのコードのパスを示しています。