HAVING having_condition - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この後、SELECT文内の条件グループ句が続きます。

HAVING句は、シード文の一部としてコーディングされる場合に有効です。

HAVINGは、繰り返し文の一部としてコーディングされる場合、必ず無効になります。

HAVING句の詳細な資料については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

having_condition
結果のグループが満たすべき1つまたは複数の条件ブール式を指定します。
HAVING条件では集約演算子を使用できます。
HAVING句内のsubquery述部にSAMPLE句を指定することはできません。
HAVING条件に、BLOB、CLOB、UDTまたはPeriod列を指定することはできません。
HAVING conditionは、集約の結果のみを含んでいる選択式リストで定義された単一のグループから行をフィルタ処理するか、またはGROUP BY句で定義されたグループ(1つまたは複数)から行を選択します。