例: TD_ANYTYPE入力パラメータ データ型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

method_1という名前のメソッドを作成するとします。次のSQLテキストはmethod_1の定義の一部です。

     CREATE INSTANCE METHOD method_1 (
       p1 TD_ANYTYPE)
       FOR SYSUDTLIB … method_1
       EXTERNAL NAME … ;

method_1に対してHELP METHODリクエストを実行すると、次のような出力が表示されます。

TD_ANYTYPEをp1のパラメータ データ型として指定したことが、このHELP METHODリクエストによって返されるレポートに++で示されていることに注意してください。

     HELP METHOD method_1;
      *** Help information returned. 3 rows.
      *** Total elapsed time was 1 second.
Parameter Name                 Type Comment
------------------------------ ---- ------------------------------------
SELF                           UT   ?
P1                             ++   ?
RETURN0                        I    ?