17.10 - 例: デフォルト ジャーナル テーブルの削除 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語
Last Update
2021-09-23

変更されるデータベース内にデフォルトのジャーナル テーブルが含まれる場合には、そのジャーナル テーブルを変更するために、2つのMODIFYリクエストが必要です。

ジャーナル テーブルのFinCopyは、personnelデータベースに含まれています。デフォルトのジャーナル テーブルをFinCopyからJrnl1に変更するには、次のリクエストを入力して、現在のデフォルトのジャーナル テーブルを削除する必要があります。

     MODIFY DATABASE Personnel AS
     DROP DEFAULT JOURNAL TABLE;

このリクエストは、FinCopyをデフォルトではないようにした後、それをシステムから削除します。

既存のテーブルがジャーナル テーブルとしてFinCopyを使用している場合、このリクエストは、エラー メッセージを返します。