17.10 - 例: PARAMETER STYLE SQLを使用したプロシージャの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のCREATE PROCEDUREリクエストは、Teradataプラットフォーム上にGetRegionXSPという名前の外部SQLプロシージャをインストールします。

   CREATE PROCEDURE GetRegionXSP
     (INOUT region VARCHAR(64))
   LANGUAGE C
   NO SQL
   EXTERNAL NAME 'CS!getregion!xspsrc/getregion.c!F!xsp_getregion'
   PARAMETER STYLE SQL;

この定義と例: PARAMETER STYLE TD_GENERALを使用したプロシージャの作成で提供されている定義の違いは、PARAMETER STYLE宣言だけです。このプロシージャはパラメータ形式SQLを使用します。

次の抜粋は、パラメータ形式SQLを宣言するCプロシージャ コードの一部を示しています。

   /*****  C source file name: getregion.c  *****/
   
   #define  SQL_TEXT Latin_Text
   #include "sqltypes_td.h"
   #include <string.h>
   
   void xsp_getregion( VARCHAR_LATIN *region,
                       int           *region_isnull,
                       char           sqlstate[6],
                       SQL_TEXT       extname[129],
                       SQL_TEXT       specific_name[129],
                       SQL_TEXT       error_message[257] )
   {
        …
   }