17.10 - 例: デフォルトに基づく自動圧縮を使用した列パーティション スパース結合インデックスの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、次の基本テーブルを使用します。

     CREATE TABLE acd_t1 (
       a INTEGER, 
       b INTEGER, 
       c INTEGER, 
       d INTEGER) 
     PRIMARY INDEX(a);

t1に対して、次の列パーティション スパース結合インデックスを作成します。

     CREATE JOIN INDEX j_acd_t1 AS 
       SELECT ROWID AS rw, a, b 
       FROM acd_t1 
       WHERE a < 10
     PARTITION BY COLUMN;

これにより、各列がシステム決定のCOLUMN形式を使用した独自の列パーティションに格納される、列パーティション結合インデックスを定義します。

結合インデックス定義でAUTO COMPRESSもNO AUTO COMPRESSも指定されていないため、パーティションにはデフォルトの自動圧縮が使用されます。