17.10 - 例: リクエストの優先順位を変更するようにアカウントを設定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーBは、ユーザー デフォルト アカウント‘$L0+DMIN&S&D&H’を使用して、一連の大規模なデータ マイニング問合わせを実行依頼します。このユーザーは、優先順位がより高いアカウントに切り換えて、所属部署のマネージャに対して緊急レポートを実行したいと考えています。

SET SESSION ACCOUNT=‘$H0+EMRG&S&D&H’ FOR REQUEST

緊急レポートを実行したら、アカウントは優先順位の低いデータ マイニングを続けるユーザーBのデフォルトに戻ります。

アカウント文字列を変更すると、新しいアカウントに別のワークロード管理ルールを適用する場合のみ、セッションまたはリクエストのアクセス レベルが変更されます。