17.10 - 例: 選択リストにネスト式を持つ集約結合インデックスの作成 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では選択リストにネスト式を持つ集約結合インデックスを作成します。

     CREATE JOIN INDEX aji_extract_begin AS
       SELECT EXTRACT(MONTH FROM BEGIN(d1)) AS mth, SUM(b1) AS sumb 
       FROM t1 
       GROUP BY 1;

次にaji_extract_beginに対してHELP JOIN INDEXリクエストを実行すると、システムは次のようなレポートを返します。

     HELP JOIN INDEX aji_extract_begin;
Column Name                Type      Comment
-------------------------- --------- ---------------------
CountStar                  F         ?
mth                        I         ?
sumb                       F         ?

例: 選択リストにBEGIN範囲関数を持つ結合インデックスの作成および例: 選択リストに複数列CASE式を持つ結合インデックスの作成と同様に、この例の列mthを使用して同じ問合わせ式を結合インデックスにマップできます。