17.10 - DEFAULT MAP - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーのデフォルト マップとして、既存の連続マップまたはスパース マップを指定できます。デフォルトのマップをNULLに設定することにより、ユーザーに対して定義されているデフォルトのマップを削除することもできます。

マップがデータベース修飾子のデフォルト マップと同じでない限り、指定したマップが付与される必要があります。

map_name
既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
スパース マップをデフォルト マップとして指定するには、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があり、スパース マップはデータベースと同じセキュア ゾーンにある必要があります。
OVERRIDE ON ERROR
MAP句がCREATE TABLE、CREATE JOIN INDEX、CREATE HASH INDEX文を特定する際にエラーが発生した場合、デフォルト マップを使用します。例えば、MAP句が存在しない連続マップまたは別のセキュア ゾーンのスパース マップを指定すると、警告メッセージが表示されます。メッセージは、指定されたマップが使用されていないことを示し、代わりに使用されるデフォルトのマップの名前を一覧表示します。
これは、デフォルトです。
OVERRIDE NOT ON ERROR
CREATE TABLE、CREATE JOIN INDEX、またはCREATE HASH INDEX文にMAP句が指定されているときにエラーが発生する場合は、デフォルト マップを使用しないでください。
NULL
デフォルトのマップはユーザーに関連付けられていません。ユーザーに対して現在設定されているデフォルトのマップを削除するために、NULLを指定できます。