17.10 - transform_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
transform_group
データ変換グループの必須の名前。
UDTあたり16までの変換グループを作成または置換できます。指定した最初の変換グループがデフォルトの変換グループになります。1つのUDTに同じ名前を持つ2つの変換グループを含めることはできません。
データ変換グループの名前は、TD_の文字で開始できません。この文字はデータ変換グループ名の接頭辞として内部で使用するために予約済みです。 データベース オブジェクトの命名については、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
UDTデータ変換名は、すべてのUDTの間で固有である必要はありません。
変換グループ名はDBC.TVMでなく、DBC.UDTTransformに保存されます。
TO SQL
tosqlルーチンは事前定義データ型値をUDT値にマップします。UDT値がクライアント アプリケーションからVantageに転送されるたびに、システムは自動的にこのルーチンを呼び出します。
tosql句で呼び出す外部ルーチンは外部UDFにする必要があります。メソッドにすることはできません。
FROM SQL
fromsqlルーチンはUDT値を事前定義データ型値にマップします。UDT値がVantageからクライアント アプリケーションに転送されると、システムは必ず自動的にこのルーチンを呼び出します。
fromsql句によって呼び出される外部ルーチンは外部UDFまたはメソッドにすることができます。