17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

コロケーション オプションを指定せずにテーブルをスパース マップに変更する

COLOCATE USING句を指定せずにスパース マップを使用するようにテーブルを変更し、そのテーブルに以前スパース マップが使用されていた場合、コロケーション名は変更されません。それ以外の場合、コロケーション名はデフォルトでdatabase_tableになります。databaseはデータベースまたはユーザーの名前、その後に下線(_)が続き、tableはテーブルの名前です。databaseが63文字を超える場合、databaseは63文字に切り捨てられます。tableが64文字を超える場合、tableは64文字に切り捨てられます。

テーブルの変更マップ操作中のロック

読み取りロックは、新しいマップへのコピー中にテーブルに配置されます。ロックは、DBC中に排他ロックにアップグレードされます。TVMが更新され、トランザクションがコミットされます。

インデックスとテーブル マップの変更操作

テーブルのセカンダリ インデックスは、新しいマップを使用して移動または再構築されます。

テーブルを新しいマップに移動すると、基本テーブルの結合インデックスまたはハッシュ インデックスは移動されません。必要に応じて、ALTER JOIN INDEXまたはALTER HASH INDEXを使用してください。

テーブルのシステム定義の結合インデックスは、新しいマップを使用して移動または再構築されます。

テーブルは、プライマリ インデックス、プライマリAMPインデックス(PA)を含めるかプライマリ インデックスなし(NoPI)にできます。テーブルでは、列パーティション分割、行パーティション分割、またはその両方を行なうことができます。NoPIとPAテーブルの行が新しいマップに再配置されます。

PA、NoPIテーブル、または新しいマップに変更された列パーティションPIテーブルからROWIDフィールドを持つ結合インデックスとハッシュ インデックスは、無効になります。結合インデックスまたはハッシュ インデックスを削除して再作成する必要があります。

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。

永久ジャーナルとテーブル マップの変更

テーブルに対して永久ジャーナルが有効になっている場合、テーブルのマップは連続マップである必要があり、マップはテーブルに関連付けられたジャーナル テーブルのマップと同じである必要があります。ジャーナル テーブルには、連続マップが必要です。

ジャーナリングが有効になっているテーブルのマップを変更するには、NO JOURNALを持つようにテーブルを変更し、テーブルを別の連続マップに変更する必要があります。次に、ジャーナリングを再度有効にすることができます。テーブルをスパース マップに変更すると、ジャーナリングを有効にすることはできません。