17.10 - 例: CASE_N式のCURRENT_DATE組み込み関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では最新の4四半期の売上が入っているsalesテーブルを4つの既知のパーティションにパーティション化し、その他のすべての履歴データを別のパーティションにパーティション化します。すべての新規の売上データは最初のパーティションに記録されることに注意してください。この形式のパーティションでは、その他のすべてのパーティションを持つ1つの現行パーティションを履歴売上データとすることができます。

     CREATE SET TABLE sales, NO FALLBACK (
       store_id  INTEGER,
       amount    DECIMAL(10, 2),
       region    CHARACTER(30),
       sale_date DATE FORMAT 'YYYY/MM/DD' NOT NULL)
     PRIMARY INDEX (store_id) 
     PARTITION BY CASE_N(sale_date >= CURRENT_DATE /*latest data*/,
                         sale_date <  CURRENT_DATE 
                     AND sale_date >= CURRENT_DATE - INTERVAL '3'
                                      MONTH,/*previous quarter*/
                         sale_date < CURRENT_DATE - INTERVAL '3' MONTH 
                     AND sale_date >= CURRENT_DATE - INTERVAL '6' MONTH,
                         sale_date < CURRENT_DATE - INTERVAL '6' MONTH 
                     AND sale_date >= CURRENT_DATE - INTERVAL '9' MONTH,  
                     NO CASE /* older than 9 months data */);