17.10 - 例: 単一列パーティションの追加 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例では、システム定義のCOLUMN形式と自動圧縮を使用して単一列パーティションをordersテーブルに追加します。

     ALTER TABLE orders 
     ADD (o_salesperson VARCHAR(5));

次の同等のリクエストは、テーブルを変更するために同じアクションを実行します。

     ALTER TABLE orders 
     ADD o_salesperson VARCHAR(5);

どちらのリクエストも、テーブルの各行でNULLに設定されたo_salespersonがある次の定義を持つようordersテーブルを変更します。

     CREATE TABLE orders (
       o_orderkey    INTEGER NOT NULL,
       o_custkey     INTEGER,
       o_orderstatus CHARACTER(1) CASESPECIFIC,
       o_totalprice  DECIMAL(13,2) NOT NULL,
       o_ordertsz    TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE NOT NULL,
       o_comment     VARCHAR(79),
       o_salesperson VARCHAR(5) )
     PARTITION BY (COLUMN ADD 4,
     RANGE_N(o_ordertsz 
             BETWEEN TIMESTAMP '2003-01-01 00:00:00.000000+00:00'
             AND     TIMESTAMP '2009-12-31 23:59:59.999999+00:00' 
             EACH INTERVAL '1' MONTH) ),
     UNIQUE INDEX(o_orderkey);