17.10 - local_declaration - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ローカル宣言に対して、これらのオプションを指定できます。

DECLARE
ローカル変数宣言、カーソル宣言、または条件ハンドラ宣言文の前に指定するキーワード。
DECLAREの後には、ローカル変数のリスト、カーソル指定、またはハンドラ宣言のリストが続きます。
プロシージャごとに、ローカル変数の宣言、カーソル宣言、または条件ハンドラ宣言を複数指定することができます。
詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL、B035-1148>を参照してください。
variable_name
data_type
[variable_name ]
[database_name | user_name ] table_name %ROWTYPE
宣言されるローカル変数の名前とデータ型。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<SQL基礎>を参照してください。
同じデータ型のローカル変数を、カンマ区切りリストの形でいくつでも指定できます。これらの変数名は、実行中にデータ値に置き換えられます。
ローカル変数は、UDTデータ型と%ROWTYPEデータ型を持つことができます。
%ROWTYPE属性によって、table_nameの基本テーブルまたはグローバル一時テーブルの行の構造を基に、暗黙的なデータ型が動的に作成されます。table_name変数は、揮発テーブルを参照することはできません。
DEFAULT
ローカル変数のデフォルト値の前に指定する任意指定のキーワード。
複数のローカル変数を1つのデフォルト値と一緒に指定すると、その値がリスト内のすべてのローカル変数に適用されます。
literal
リテラルには、指定されたデータ型との互換性が必要です。
式ではなく、リテラルまたはNULLのみを指定できます。
NULL
変数のデフォルト値。
デフォルト値が指定されない場合、変数はNULLに初期設定されます。
condition_name
記号の条件名と特定のSQLSTATE値を関連付けるために使用できる宣言された条件の名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
sqlstate_code
condition_nameに割り当てられているSQLSTATE値。