プロファイルのデフォルトまたはユーザーのデフォルトがセッションの行レベル セキュリティのデフォルトとして割り当てられているかどうかを特定するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

セッションを確立する場合、ユーザーのプロファイルに割り当てられるか、またはユーザーに直接割り当てられる行レベル セキュリティ制約のデフォルト値がセッションの現在の値になります。プロファイルに割り当てられる行レベル セキュリティ制約がユーザーに割り当てられる行レベル セキュリティ制約より優先されます。セッションの初期制約値の割り当てを決定するルールは次のとおりです。

  • ユーザーにプロファイルが割り当てられ、プロファイルに行レベル セキュリティ制約値が割り当てられている場合、プロファイルの制約がセッションの現在の値になります。

    この場合、Vantageではユーザーに直接割り当てられる制約は考慮されません。

  • ユーザーにプロファイルが割り当てられ、プロファイルに行レベル セキュリティ制約値が割り当てられていない場合、Vantageはユーザー定義から制約をセッションに割り当てます。

    ユーザーに割り 当てられている行レベル セキュリティ制約がない場合、セッションのすべての制約はNULLです。

  • ユーザーにプロファイルが割り当てられていない場合、Vantageはセッションに関してユーザーに直接割り当てられている行レベル セキュリティ制約を使用します。

    行レベル セキュリティ制約がユーザーに割り当てられていない場合、セッションのすべての制約がNULLに設定されます。

  • 複数の割り当てられた値を持つ階層制約がセッションに割り当てられている場合、Vantageはソースのデフォルト値のみをセッションに割り当てます。
  • 複数の割り当てられた値を持つ非階層制約がセッションに割り当てられている場合、Vantageはソースに割り当てられているすべての値をセッションに適用します。