例: 自動列オプションを使用したJSON列のHELP COLUMN - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例のMyTableのテーブル定義を次に示します。ここでは、JSON列cにAUTO COLUMNオプションが定義されています。

     CREATE TABLE TEST.MyTable (
      a INTEGER,
      b JSON(16776192) INLINE LENGTH 4096 CHARACTER SET LATIN,
      c JSON(16776192) INLINE LENGTH 4096 CHARACTER SET LATIN AUTO COLUMN)
     PRIMARY INDEX ( a );

この文は、テーブルMyTableの列cに関する情報を表示します。

     HELP COLUMN MyTable.c;

以下は、選択した属性に対するHELP COLUMN出力の要約です。

列名 c
JN
NULL受入可能 Y
書式 X(64000)
最大長 16,776,192
テーブル/ビュー? T
Storage Format TEXT
インライン長 4,096
長さの変換 16,776,192
自動列 Y

AUTO COLUMNオプションが設定されていない場合、値はNULLになります。または、BTEQ出力では、疑問符(?)になります。