17.10 - DROP関数の例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: SQL関数の削除

これらの例ではSQL関数および特定SQL関数を削除します。

     DROP FUNCTION udf2 (INTEGER, INTEGER);
     DROP SPECIFIC FUNCTION specific_udf2;

例: 関数名または特定関数名を基にした外部関数の削除

関数定義は、関数名または特定関数名を使用して削除できます。例えば、次の関数定義を考えます。

     CREATE FUNCTION Finger_Print_Match(VARBYTE(1000),
     VARBYTE(1000))
       RETURNS INTEGER
       SPECIFIC fpm1
       LANGUAGE C
       NO SQL
       PARAMETER STYLE TD_GENERAL
       EXTERNAL;

次のDROP FUNCTIONリクエストは、どちらも関数を削除します。最初の文では特定関数名を使用し、2番目の文では関数名を使用しています。

     DROP SPECIFIC FUNCTION fpm1;
     DROP FUNCTION Finger_print_Match(VARBYTE, VARBYTE);

例: 外部関数名および固有関数名の削除

関数定義は、関数名または特定関数名を使用して削除できます。この例は、指定するDROP FUNCTION文を使用して名前を固有のオブジェクトに解決できない場合は、関数を削除できないことも示しています。

次の関数定義を考えます。

     CREATE FUNCTION test_image(VARCHAR(5000), INTEGER) …
       SPECIFIC testi_opt1 …;
     CREATE FUNCTION test_image(VARCHAR(5000), FLOAT)…
       SPECIFIC testi_opt2 …;

次のDROP FUNCTIONリクエストは、両方とも指定関数を削除します。

     DROP SPECIFIC FUNCTION testi_opt1;
     DROP FUNCTION test_image(VARCHAR, INTEGER);

次の文は、パラメータがないtest_imageという名前の関数のインスタンスがないためエラーを返します。

     DROP FUNCTION test_image();