17.10 - 例: NOSおよびデフォルト以外のフィールド区切り記号、ヘッダー - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、NOSがオン(デフォルト)およびオフのデフォルト以外のフィールド区切り記号を使用して外部テーブルを作成する方法を示します。CSVファイルにはヘッダーがあり、そのフィールド区切り記号はタブ(\t)です。

rivers.tsv

09379180 LAGUNA CREEK AT DENNEHOTSO, AZ
09379910 COLORADO RIVER BELOW GLEN CANYON DAM, AZ
09380000 COLORADO RIVER AT LEES FERRY, AZ
09382000 PARIA RIVER AT LEES FERRY, AZ
09383300 FILLER DITCH AT GREER, AZ
09383400 LITTLE COLORADO RIVER AT GREER, AZ
09383100 COLORADO R ABV LITTLE COLORADO R NR DESERT VIEW
09379200 CHINLE CREEK NEAR MEXICAN WATER, AZ
09379050 LUKACHUKAI CREEK NEAR LUKACHUKAI, AZ
09379025 CHINLE CREEK AT CHINLE, AZ

NOSを使用する(デフォルト)

NOSはフィールド区切り記号を検出します。指定する必要はありません。

CREATE FOREIGN TABLE rivers_t,
  EXTERNAL SECURITY MyAuthObj
  USING (
    LOCATION ('/s3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/RIVERS/rivers.tsv')
  );

NOSを使用しない

ROWFORMATを使用してフィールド区切り記号を指定する必要があります。

CREATE FOREIGN TABLE rivers_t1,
EXTERNAL SECURITY MyAuthObj 
USING
(
   LOCATION ('/s3/YOUR-BUCKET.s3.amazonaws.com/RIVERS/rivers.tsv')
   ROWFORMAT ('{"field_delimiter":"\t"}')
);