17.10 - CREATE TYPE (ARRAY/VARRAY形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

事前定義のVantageデータ型、DISTINCT型UDTデータ型、STRUCTURED型UDTデータ型、内部UDTデータ型のいずれかからユーザー定義のARRAYデータ型またはVARRAYデータ型を作成します。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

ANSI SQL:2011で定められている要件とは異なり、1次元のARRAY型またはVARRAY型を使用するには、その前にそれを作成しておく必要があります。この点は、ANSI SQL:2011規格からは外れていますが、Oracleの1次元VARRAY型やIBM SQL PLの1次元ARRAY型との互換性が確保されています。

ANSI SQL:2011では、多次元ARRAY型の規格が定義されていません。他の主要なリレーショナル データベース管理システムのベンダーでも多次元ARRAY型はサポートされていません。

1次元ARRAY - Teradata形式

1次元ARRAY型でサポートされる下限値は1のみです。ユーザーが作成するすべての1次元ARRAY型の最初の配列要素のインデックス番号は1になります。

1次元VARRAY - Oracle互換形式

1次元VARRAY型でサポートされる下限値は1のみです。ユーザーが作成するすべての1次元VARRAY型の最初の配列要素のインデックス番号は1になります。

必要な権限

ARRAY UDTまたはVARRAY UDTを作成するには、SYSUDTLIBデータベースに対するUDTTYPE権限またはUDTMETHOD権限が必要です。

自動的に与えられる権限

なし