17.10 - 例: セッションのセキュリティ レベルとセキュリティ カテゴリの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

user_nameでログオンします。そのセッションには、unclassifiedレベルとnatoカテゴリのラベルが付きます。そのセッションで実行する最初のリクエストで、そのラベルをtop_secretのレベルおよびunited_statesnatoの組み合わせのカテゴリに変更します。

     SET SESSION CONSTRAINT = classification_level (top_secret), 
     CONSTRAINT = classification_category  (nato, united_states);

後に、user_nameが開始したセッションで、inventoryの3つの行のいずれかを読み取るとします。その場合、ユーザーは以下のSELECTリクエストを実行します。

     SELECT * 
     FROM inventory 
     WHERE col_1 = 1212;

返される結果セットは、以下のようになります。

Col_1	 Col_2	 Col_3   		Classification_Level  	Classification_Category
=====  ===== =====   ====================  =======================
1212	 90505	 Widgets	 3			                     '0100000000000000'XB