17.10 - 例: アルゴリズムによる圧縮へのSHOW TABLE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルの列セットに対してアルゴリズムによる圧縮を定義したとします。このようなテーブルに対するSHOW TABLEの出力は、圧縮および圧縮解除アルゴリズムを含むUDFの名前を返します。

次の定義を持つテーブルt1を作成するとします。

     CREATE TABLE t1 (
       col_1 INTEGER, 
       col_2 CHARACTER(10) COMPRESS ALGCOMPRESS scsu_comp
                           ALGDECOMPRESS scsu_decomp ('abc', 'efg'));

次にt1に対してSHOW TABLEリクエストを実行します。このリクエストに対してVantageは次のSQL作成テキストを返します。

CREATE SET TABLE  user_name.t1 ,NO FALLBACK ,
NO BEFORE JOURNAL,
NO AFTER JOURNAL,
CHECKSUM = DEFAULT
(
col_1 INTEGER,
col_2 CHARACTER(10) 
CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC   
COMPRESS
ALGCOMPRESS scsu_comp
ALGDECOMPRESS scsu_decomp ('abc','efg'))
PRIMARY INDEX ( col_1 );

次の定義を使用してテーブルt2を作成するとします。

     CREATE TABLE t2 (
       col_1 INTEGER, 
       col_2 CHARACTER(10));

次にt2に対して下のALTER TABLEリクエストを実行し、col_2に対するアルゴリズム圧縮を含めるように定義を変更します。

     ALTER TABLE t2
     ADD col_2 CHARACTER(10) COMPRESS ALGCOMPRESS scsu_comp 
                             ALGDECOMPRESS scsu_decomp ('abc', 'efg');

テーブルt2へのSHOW TABLEリクエストは次のSQL作成テキストを返します。

     CREATE SET TABLE  user_name.t2, NO FALLBACK,
          NO BEFORE JOURNAL,
          NO AFTER JOURNAL,
          CHECKSUM = DEFAULT
          (
          col_1 INTEGER,
          col_2 CHARACTER(10) 
             CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC   
             COMPRESS
             ALGCOMPRESS scsu_comp
             ALGDECOMPRESS scsu_decomp ('abc       ','efg       '))
          PRIMARY INDEX ( col_1 );