17.10 - 例: 予約クエリー バンドBLOCKCOMPRESSIONの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例では、予約クエリー バンドBLOCKCOMPRESSIONを使用して、セッションまたはトランザクションの各種のテーブルとサブテーブルのいずれかまたは両方のブロック レベル圧縮の特性を設定する方法を示します。

BlockCompressionクエリー バンド値をALLまたはYESに設定して、セッションまたはトランザクションでロードするすべての新しいサブテーブルを圧縮してください。

以下の例では、現在のセッションのクエリー バンドを設定します。

次の文は同等です。

     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=YES;' FOR SESSION;
     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=ALL;' FOR SESSION;

BlockCompressionクエリー バンド値をFALLBACKに設定すると、セッションまたはトランザクションでロードするすべての新しいフォールバック サブテーブル(適格なLOBサブテーブルのフォールバック コピーも含む)を圧縮します。

以下の例では、現在のセッションのクエリー バンドを設定します。

     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=FALLBACK;' FOR SESSION;

BlockCompressionクエリー バンド値をNOまたはNONEに設定し、セッションまたはトランザクションでロードする新しいサブテーブルを圧縮しないようにします。

以下の例では、現在のセッションのクエリー バンドを設定します。

次の文は同等です。

     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=NO;' FOR SESSION;
     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=NONE;' FOR SESSION;

BlockCompressionクエリー バンド値をONLYCLOBSに設定し、セッションまたはトランザクションでの圧縮に適格なすべての新しいプライマリおよびフォールバックLOBサブテーブルを圧縮します。セッションまたはトランザクションの実行中に他のすべての新しいサブテーブルにロードするデータについては、圧縮を行ないません。

以下の例では、現在のトランザクションのクエリー バンドを設定します。

     BEGIN TRANSACTION
       SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=ONLYCLOBS;' FOR TRANSACTION;
           …
     END TRANSACTION

省略記号の部分には、データのロードを発生させるSQLリクエストのセットが入ります。

BLOCKCOMPRESSIONクエリー バンド値をWITHOUTCLOBSに設定すると、セッションまたはトランザクションでロードされるすべての新しいプライマリおよびフォールバック サブテーブルを圧縮します。ただしデータが圧縮されないLOBサブテーブルは除きます。

以下の例では、現在のセッションのクエリー バンドを設定します。

     SET QUERY_BAND = 'BLOCKCOMPRESSION=WITHOUTCLOBS;' FOR SESSION;