例: プロシージャのARRAYパラメータの報告 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/spp1591731285373.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1144
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の例は、指定したプロシージャのパラメータのデータ型がARRAYである場合に、HELP PROCEDUREによって返されるレポート例を示しています。structudt_aryという名前の1次元ARRAYを作成するとします。

          Parameter Name b
                     Type A1
                  Comment ?
                 Nullable Y
                   Format ?
                    Title ?
               Max Length ?
     Decimal Total Digits ?
Decimal Fractional Digits ?
                Range Low ?
               Range High ?
                UpperCase N
              Table/View? P
            Default Value ?
                Char Type ?
           Parameter Type O
               IdCol Type ?
                 UDT Name structudt_ary