17.10 - ALTER TRIGGER構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
database_name
トリガー定義の格納先データベースの名前(trigger_nameまたはtable_nameのデフォルトのデータベースではない場合)。
user_name
トリガー定義の格納先ユーザーの名前(trigger_nameまたはtable_nameのデフォルトのデータベースではない場合)。
trigger_name
変更するトリガーの名前。trigger_nameを指定する場合、一度に1つだけトリガーを変更できます。
ENABLED
指定したトリガーまたは指定したテーブルのすべてのトリガーを使用可能にします。使用可能になったトリガーは、アクティブ データベース オブジェクトとして機能し、通常のトリガー プロトコルに従います。
DISABLED
指定したトリガーまたは指定したテーブルのすべてのトリガーを使用不能にします。使用不能になったトリガーはデータベース オブジェクトとして存在し続けますが、実行はできません。トリガーを実行するには、まず使用可能にする必要があります。
TIMESTAMP
指定したトリガーの作成タイムスタンプを現在のタイムスタンプに置換します。トリガーの作成タイムスタンプを変更すると、複数のトリガーがテーブルに定義されているときに、デフォルトの実行順序内の位置も変わります。
TIMESTAMPオプションはテーブルに適用されません。
TIMESTAMPオプションは、トリガー(特に、ORDER句なしで作成したトリガー)の実行順序を変更するために使用できます。TIMESTAMPを指定しない場合、トリガーの既存のタイムスタンプは変更されません。
ALTER TRIGGERでは、タイムスタンプを追加する際に現在の時刻を使用します。同じテーブルに対して定義されている順序の決まった複数のトリガーのタイミングを変更するには、正しい実行順序を確保するため、その順序で、タイムスタンプを変更するALTER TRIGGER文を実行する必要があります。
table_name
トリガーを有効または無効にする対象のテーブルの名前。