17.10 - source_table - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-09-23
column_name
ターゲット テーブルtable_nameにコピーするsource_table_nameからの列または列のリスト。
新しい列を指定することなく、正規化されたソース テーブルからターゲット テーブルを作成すると、Vantageは、ソース テーブルと同じNORMALIZE定義を使用してターゲット テーブルを作成します。
AS句構文を使用して列のデータ型を指定することはできません。
column attributes
table_nameの新たな定義で使用されるcolumn_nameで指定されている列セットの1つ以上の新規列属性。
AS句構文を使用して、外部キー制約を列属性として指定することはできません。
table constraints
table_nameの新たな定義で使用されるcolumn_nameで指定されている列セットの1つ以上の新規テーブル制約。
AS句構文を使用して、外部キー制約をテーブル制約として指定することはできません。
database_name
user_name
source_table_nameを含むデータベースまたはユーザーを指定します(現在のデータベースまたはユーザーでない場合)。
source_table_name
列レベルおよびテーブル レベルの定義(一部制限あり)およびオプションでデータおよび統計をtable_nameにコピーするソース テーブルの名前。
source_table_name WITH DATA形式またはAS SELECT FROM source_table_name subquery形式のいずれを使用する場合でも、source_table_nameを指定する必要があります。
ソース テーブルに派生PERIOD列が含まれている場合、それらの派生PERIOD列はターゲット テーブルにも含まれることになります。
CREATE TABLE … AS構文で、行レベル セキュリティ制約で保護されたテーブルを作成するためのソース テーブルから定義するsubqueryを指定することはできません。