17.10 - 例:短い問合わせの取り扱い - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

user_1user_2に限定して、要求情報をSQLテキストでロギングします。

     BEGIN QUERY LOGGING LIMIT THRESHOLD=4 AND SQLTEXT=100 
     ON user_1, user_2;

次のテーブルは、指定されたしきい値に関して、さまざまなリクエスト完了時間のロギング動作を説明しています。

問合わせ完了時間(秒) ログ テーブル
≤   4 DBQLSummaryTbl

リクエストは、QueryCount列のカウントとしてのみ記録されます。

> 4 DBQLogTbl

ロギングされるSQLテキストは100文字に制限されます。

user_1user_2のリクエストをロギングします。

     BEGIN QUERY LOGGING WITH SQL, STEPINFO, OBJECTS LIMIT THRESHOLD=10
       CPUTIME ON user_1, user_2;

同じ問合わせのロギングを、いくつかの方法で指定できます。例えば、SQL、STEPINFO、およびOBJECTSオプションに個別にTHRESHOLDを指定します。

     BEGIN QUERY LOGGING WITH SQL LIMIT THRESHOLD=10 CPUTIME 
       ON user_1, user_2;
     BEGIN QUERY LOGGING WITH STEPINFO LIMIT THRESHOLD=10 CPUTIME 
       ON user_1, user_2;
     BEGIN QUERY LOGGING WITH OBJECTS LIMIT THRESHOLD=10 CPUTIME 
       ON user_1, user_2;