17.10 - DROP STATISTICS (最適化ルーチン形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-09-23

COLLECT STATISTICS (最適化ルーチン形式)リクエストによって収集されたテーブルの特定の列、ハッシュ インデックス、または結合インデックスについての統計データを削除します。データベース オブジェクトのSUMMARY統計を削除するには、そのオブジェクトに対するすべての統計を削除します。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

その他のSQL用語は、DISASSOCIATE STATISTICSなどの名前の、類似した非ANSI規格文をサポートしています。

必要な権限

DROP STATISTICSの対象 必要な権限 権限の対象
永久または実グローバル一時テーブル STATISTICS テーブル
実体化されたグローバル一時テーブル なし なし
揮発テーブル なし なし
結合インデックス STATISTICS 結合インデックス
ハッシュ インデックス STATISTICS ハッシュ インデックス