17.10 - DROP FUNCTION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定した関数または特定の関数の定義をデータ ディクショナリおよび格納先データベースまたはユーザーから削除します。

キャスト ルーチン、順序付けルーチン、またはデータ変換ルーチンとして使用されている外部UDFは削除できません。まずキャスト、順序付け、またはデータ変換の定義を削除する必要があります。DROP CASTDROP ORDERING、またはDROP TRANSFORMを参照してください。

制約がユーザー、プロファイル、またはテーブルに割り当てられている場合、行レベルのセキュリティ制約の定義で参照されているUDFを削除できません。 ALTER CONSTRAINTを使用して、行レベル セキュリティ制約の定義からUDFを削除または置換してから、UDFを削除できます。 ALTER CONSTRAINTを参照してください。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011に準拠しています。

必要な権限

外部関数またはSQL関数を削除するには、その関数または関数の格納先データベースまたはユーザーに対するDROP FUNCTION権限が必要です。

さらに、UDFを削除する前にUDFを参照する制約オブジェクトからUDFを削除する必要があります。