17.10 - attribute_specification - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
attribute_name
STRUCTURED型UDTの属性の名前。
predefined_data_type
属性がUDTではない場合に、STRUCTURED型UDTの現在の属性の基礎となる事前定義データ型を指定します。
ARRAY、VARRAY、およびDATASETを除いて、任意のTeradataデータ型を指定できます。
server_character_set
data_typeが文字型の場合、data_typeによって使用されるサーバー文字セットを指定します。 それ以外の場合、このオプションは使用されません。
システムがUDF_name固有型を作成する場合、CHARACTER SET句は次のシステム生成によるルーチンを開始します。
  • システム生成のCASTルーチンが登録され、指定されたサーバー文字セットの文字ソース タイプとの間でキャストを実行します。
  • システム生成のORDERINGルーチンが登録され、指定されたサーバー文字セットの文字ソース タイプへのマップを実行します。
  • システム生成のtosqlおよびfromsql TRANSFORMルーチンが登録され、指定されたサーバー文字セットの文字ソース タイプとの間でUDTのデータ変換を実行します。
すべてのデータベース トランザクションがLATIN文字セットを使用して表わすことができる言語で発生することがわかっている場合、LATINを指定します。その他の場合、例えば、一部またはすべてのトランザクションで非LATIN文字またはマルチバイト文字が使用されている場合、UNICODEを指定します。<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125>を参照してください。
文字サーバー データ セットとしてKANJI1を指定することはできません。
(UDT_name)
属性が事前定義データ型ではない場合に、STRUCTURED型UDTの現在の属性の基礎となるUDTの名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。